愛車 Peugeot 307SWと Honda Fitに関することをメインに, ミニカー,クルマ, PC,日常生活の話などのごった煮 blog風味でつづっていこうと思います.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
119番通報
先日,生まれて初めて 119番通報しちゃいました.

先週の火曜日の夜,21時前のことでした.
その日は「救命病棟24時」を自宅で見ようといそいそといつもの通勤路を走っていました.
クルマを走らせながら,ふと道路わきを見ると,
たき火をしているような火があがっているのが見えました.

誰かがたき火でもしているのかな…

と思いながら一旦通り過ぎました.
ですがここは人気もなく,あたり一面草むらとなっていて
とてもたき火をするに適する場所には思えません.

やっぱり心配になって,来た道を戻って,
たき火の場所の近くにクルマを停め,たき火に近づきます.

やはり見間違いなどでなく,草むらの中のあってちょっと地面が
見えるところから火が燃えています.

「誰か居ますかー」

と呼びかけてみるも,返事はありません.
目の前の火は畳1/3枚ほどの面積で
今にも周りの草むらに飛び火しそうな感じでメラメラと燃えていました.

これくらいの火ならなんとか自分ひとりで消せるかな…

ともよぎりましたが,これ以上延焼したら絶対に手に負えなくなるし,
火を消すための道具らしきものも無いし,そして何より自分が火傷など怪我をしてしまいそうなので…

自分で消火活動作戦はすぐにあきらめ,
プロの方にお任せしよう,と決め 119番.


「119番に telすると最初は『消防ですか?救急ですか?』と聞かれるはず,
だからあわてず冷静に「消防お願いします」と返答するんだ」
などと考えながら 119番をプッシュ.

ほどなくして出た電話口の方に
「はい,119番です○○○?(内容正確に覚えていない)」
「消防お願いします」
「えと,火災ですか?救急ですか?」
あれれ?「消防」じゃだめなの?と考えつつも,
「えっと,火災です.消防お願いします」
「はい,わかりました.現在位置を教えてください」
しまった!現在位置をチェックするの忘れてた!

以前自宅近所で不審者がうろうろしていたのを 110番通報したときの
経験から,電話口の方は地理に明るくなく,
現住所を市町村レベルからできるだけ詳しく言わないとだめで,
しかも,今は通勤でほぼ毎日使う道とは言え,住所はよくわからない.
クルマにナビでもついてればいいのですが,うちの 307SWには
残念ながらナビはついていません.

できうる限りの情報を電話口の方に伝えるも,
なかなか現場を特定できないご様子.
「付近に目印になるような建物などはないですか?」
の質問にも,あたり一面草むらでは答えようもありません.

そうこうしているうちに地元の方らしき人が二人,
徒歩で近づいてきました.
すかさずその方達に現場の住所を伺い,電話口の119番の方に伝えたところ,
現場が特定できた様子.

「ではこれから向かいますので待っていてください」の言葉に
ちょっと一安心.

待つこと数分.
今しがた来たこの方達は近くにお住まいの方で,
やはり,不審な火の手があがっているように見えたので来た.
とのこと.この方達の話によると,最近何回か同じような不審火が出ており,
何者かによる放火が疑われているも,解決には至っておらず,心配している.
とのことでした.

こんな話をしながらよくよく火を観察すると,
燃えているものは,木やダンボール,枯草には見えません.
むしろ,プラスチックのようなものが燃えている感じで,
周りの草むらは,まだ生きている,水分を含んだ草のせいか
延焼には至らず,火は畳 1/3ほどの大きさを保ったまま燃え続けています.

これってやっぱり放火だよな…

などと考えているところに,小型の消防車が到着.
それはもう圧倒的な水量で,あっと言う間に消してしまいました.
消えた後も,これでもかと言わんばかりの広範囲に
入念に水を浴びせかけていました.
(念には念を入れて,ということなのでしょう)

ほどなくして,隊長らしき人から
消防士さん「通報者はどなたですか」
私「はい私です」
消防士さん「念のため住所氏名電話番号をもらえますか」
消防士さん「念のためです.念のため.何も無いとは思いますけど」
と恐縮がっている様子.
第一発見者をまず疑え,というらしいですからね,
もちろん火をつけたのは私ではありませんから,
堂々と書いてきました.

そうこうしているうちに消防車や
自転車に乗った地元の消防団員の方?もどんどん集まってきます.
都合,消防車3台,人員20名程度?
これから消す火の大きさ(っていうかもう消えた)と
比較すると明らかにオーバースペックに見えます.
しかも最初の通報の電話の際に「一平米くらいが燃えています」
「一平米くらいですね」というやりとりをしたはずなのに…

延焼してたりの最悪の事態を想定してのことなのでしょう.

しかし,通報して呼び出した私としては
申し訳なく感じてしまうくらいの人数,物量でした.

これで不審火騒ぎも一件落着.

駆けつけてくれた地元の方から,
「こんな時代なのに,こういうことを気にかけてくれ,
ちゃんと消防車とか呼んでくれる人が居るなんて本当に
ありがたいことです.ありがとうございました」
と声をかけて下さいました.
過分なお礼にちょっとドキドキしながらも,
「いえいえ,私も一人で心細かったので来て下さって
本当に心強かったです」とお礼を延べ,その場を去りました.

そんなこんなで,普段あまりテレビを見ない私が
第一シリーズから欠かさず見ている
救命病棟24時を見逃してしまいました.
ですが,地元の方が最後にかけて下さった
「ありがとうございました」
という温かいお礼の言葉を思い出す度に
「やってよかった,これでよかった」と思えます.






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なかなか、できないことですよね。
自分も一度同じような場面に出くわしたことがありましたが、
すぐ近くに犯人がいるんじゃないかという不安がよぎり、遠目から見るだけでした。
(そのときは既に119番されていた方がいましたが)
被害が小さかったようで、よかったですね!
2009/08/12(水) 23:39:32 | URL | まっつー #-[ 編集]
まっつーさん,ごぶさたです.
そしてありがとうございます.

犯人がいる,っていう考えはなく,むしろ,放火した本人はどうせ居ないだろうし…と思っていました.
2009/08/14(金) 02:23:14 | URL | めいぷり #Gk6hFEuA[ 編集]
めちゃお久しぶりですーーv-16

記事読んで驚いて、コメントしようとしたら
まっつーにさき越されてました!

放火ってあるんですねー
現場に遭遇しつつも、冷静に119番はさすがです。
2009/09/03(木) 03:54:12 | URL | buta #-[ 編集]
butaさんおひさですー

自分で言うのもアレですが,結構冷静に対処できたと思っています.

butaさんとこも拝見してますよー.実はかなり心配なのですがコメントも書けず…だったのです(情けない)

PS: 最近 shinさんには良く会いますよ
2009/09/17(木) 01:06:41 | URL | めいぷり #3GdeFmaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。